株式会社 野田修護商店
代表取締役社長 野田修彌
人が喜ぶ仕事をすること


・顧客が喜ぶ仕事
・社員が楽しく働く仕事
・人が心豊かな生活をすることに役立つ仕事


本社(江東区新木場)
木材一筋86年 木とまごころをお届けする野田修護商店


南洋材(インドネシア、フィリピン、マレーシア)を中心にアフリカ材を現地より直接輸入しています。



保管倉庫(お台場)
安定供給の為、しっかりと在庫を確保
お客様の細かいニーズに常時対応


様々なお客様のニーズに応えられるよう、集成材(フリー板)から無垢材、ウッドデッキまで幅広く対応。特に内装材として非常に優れたアユースは、独自のルートにより安定した品揃えを確保しています。

会社名株式会社 野田修護商店 (英文名称:SHUGO NODA & CO., LTD.)
所在地〒136-0082 東京都江東区新木場3-6-7
→地図はコチラ
代表代表取締役社長 野田修彌
資本金6,000万円
電話番号03-3522-1151
FAX番号03-3522-1155
業務内容木材開発輸入及び国内販売
取扱樹種南洋材 アフリカ材
大正 13年3月前社長野田修護が野田修護商店として発足
昭和 14年5月江東区深川平野町にて製材工場を設立
昭和 16年5月株式会社野田修護商店として登記
昭和 16年8月江東区木場4丁目にて航空木製プロペラ等を製作
昭和 20年3月東京大空襲にて木場および平野町工場焼失
昭和 22年2月北海道材移入販売の再開
昭和 23年8月資本金を50万円に増資
昭和 30年6月江東区木場にて野田製材(株)を設立し南洋材製材を開始
昭和 30年5月サバ材の直輸入開始 同時に大手商社にも南洋材および米材輸入の委託
昭和 34年3月NEW GUINEA材の日本最初の輸入
昭和 35年7月南洋材本格的に直輸入開始のためPHILIPPINESに駐在員派遣
昭和 36年6月清水市にて合板工場港プライウッド(株)を設立し操業開始
昭和 38年10月東京都有明地区に製材工場を移転操業開始
昭和 39年10月南洋材積取自社船NODAWOOD MARUを建造就航
昭和 42年7月自社船m/s NODAWOOD MARU No.2を建造就航
昭和 44年8月INDONESIA産南洋材の輸入開始
昭和 45年10月PHILIPPINESより南洋材現地挽製品の輸入開始
昭和 60年3月野田修彌社長に就任